練習に強制的なものは一切ありません。またスパーリングをする場合もお互いのレベルを合わせたり使用する技術を限定したりと技術向上による安全性を最優先に考えます。また、すべてのクラスは代表鈴木の直接指導ですので個々人の傾向も把握したうえで練習メニューを組んでいきます。

格闘技マットはクラスが優先になりますが、空いている時間は自由に使えますし、深夜でも2人でミット持ち合ったりは可能です。ただしインストラクター不在時は原則としてスパーリングは禁止です。
※インストラクター不在時でもスパーリングOKの会員様は個別にお伝えします。

パラエストラ西東京では入会金0円、入会月と翌月会費を無料としています。
例:9月10日に入会⇒9月と10月の回避が無料、会費の引き落としは9月26日に10月分が引き落としという事になります。
つまり9月25日に入会する場合は入会日を10月1日に設定すれば少しお得になります。

ジム裏の駐車場(2台分)は無料で御利用いただけますが、こちらはパーソナルトレーニングが優先になりますので、埋まっている場合はお近くのコインパーキングを御利用下さい。

駐輪スペースは屋根付きで広めに確保していますので、バイクや自転車は停めやすいと思います。

痩せます!とお答えしたいところですが、痩せるのもスタイルアップも、僕らが道を示すことはできますが、その道を通って目的地に到達するのは本人の頑張り次第です。

ほとんどの場合、運動経験は勉強にも活かされます。スポーツの上達は【目標設定】⇒『達成』の繰り返しで、それは《成功体験》です。特に自分が頑張ったことによって結果を出した体験は「やればできる」という気持ちが育ちやすく、お子様の成長に必ずいい影響を与えられると思います。また社会人にもこの成功体験はメンタルヘルスの観点からも非常に有用であり、当ジムには日本トップクラスの法律系有資格者が法務アドバイザーとして在籍していますが、彼らも格闘技を修めて日々の業務に取り組んでいます。

申し訳ありませんが、これはジムのルールですので例外があるとスポーツとして成立しなくなります。ただしパーソナルトレーニングに関しては露出不可+要審査+非会員区分にて承れる場合があります。
(例:国内トップ選手がタイトルマッチに向けて代表鈴木に練習を見てもらいたい場合など

進路によっても異なりますが、勉強に必要なものは結局のところ体力ですので受験に役立つという事は間違いありませんし、就職という面ではマッチョはほとんどの場合有利に働きます。そしてマッチョでなくても自分の頑張りで結果を出してきた格闘技歴は必ず自信に繋がります。
ちなみに各都道府県警では格闘技などのスポーツ経験を加算評価の材料としていますし、
⇒茨城県警資格加点制度 更に代表鈴木は海外留学の経験からリアルな英会話を身に付けていますので、パーソナルトレーニングを全て英語で行うなどリスニング&ヒアリング対策もOKです。

これは『頑張ればなれます』という無責任な回答はできません。しかしもしも興味があるのであればインストラクターにその旨申し出て頂ければ、プロを目指す前提で練習メニューを組んでいきます。その結果「やっぱりプロにはならない。」というのも間違いではありませんしそれを批判するようなことはありません。

ジムには常にいろんなアマチュア大会の要綱が届いていますので、希望のルールやレベルなどをインストラクターに伝えてもらえれば出場条件などをご提案いたします。また友好道場との交流戦など、通常のアマチュア公式戦よりもさらに敷居の低い試合も企画していきますので「試合に出たい!」「習った技術を使いたい!」という声はどんどんお寄せください。
※禁止事項としてパラエストラ西東京に所属しながらのフリー選手としての出場やジムに許可を経ないで試合に出場した場合は強制退会となります。

格闘技の楽しみ方は人それぞれです。大会出場の強制などは一切ありません。格闘技の究極的な目標は『今日までの自分よりも少しだけ強くなること』です。

格闘技クラスは金具のついていないものであれば特に規定はありません。キッズクラスは学校の体操服でもOKです。ブラジリアン柔術は道着が必要になりますが、ジムでも発注できますし学校の授業で使うような柔道着でもOKです。
※タンクトップなどルーズな部分のある服装は指などが引っかかるため禁止とさせて頂きます。
※上半身裸でのトレーニング及びクラス参加は禁止です。
※ウェイトトレーニングをされる方はけが防止のためシューズ必須となっております。
 こちらも一般的な館内履きでも構いませんし、屋外未使用であれば通常のスニーカーでも問題ありません。
※練習着はオフィシャルTシャツ2,000円、短パン2,000円にて販売しています。

トップページに戻る